灰色男

 普段、家ではフリースやスウェットパンツなどの落ち着くことのできる服を着ていて、色もグレーやカーキなどの色が多いのですが、たまに上着もパンツもグレーになってしまうことがあります。上着がグレーでパンツがカーキなら色の濃淡がついていいのですが、全身がグレーだと、なんだか自分がすごくだらしない人間になったように感じてしまいます。べつに自分が高尚な人間だと言っているのではなくて、僕は自分が自分であることをとりわけ好きでもなく嫌いでもなくそのものとして受け入れていますが、その"ありのまま"よりも自分がだらしなく感じてしまうのです。全身がグレーにならないように気を配ってはいるのですが、カーキのズボンを汚してしまったときなどは、あとは唯一残っているグレーのスウェットパンツを履くしかなく、そのときたまたまグレーの上着を着ていたら、細心の注意を払って避けていた全身灰色男が完成してしまいます。全身がネイビーやカーキだとだらしなくは感じないので、これから買い物をするときは、グレーのパンツは買わないようにしたいと思います。