Snugsville!

日常の覚え書

プロフェッショナル仕事の流儀・高倉健スペシャル

 プロフェッショナル仕事の流儀・高倉健スペシャルを見た。とても見応えのある番組だったんだけれど、なかでも特に、健さんの"生き方が芝居に出る"という言葉には頷かされるところがあった。健さんを自分になぞらえるのは恐れおおいのだが、いろいろな考え方があるなかで、僕はわりと健さんに近い考え方をしているところがあるように思う。普段どんなものを読んでいるのか、どんなものを食べているのか、どんなところを歩いてどんなものを見ているのか、どんな人とどんな会話をしているのか、そしてそこからどんなことを感じているのか、そういったことが生きるということであって、結果としてそういう生き方が演技とか書くものに現れるのだと思う。
 健さんが残した映画の本数は二百本以上に及び、僕が観たものは氷山の一角に過ぎないけれど、それでも、すねに傷を持ち器用に生きれない役柄を演じる健さんには本当に胸をうたれた。健さんが生きているうちに健さんの映画を見れたことを感謝しています。健さん、本当にありがとうございました。

あなたに褒められたくて (集英社文庫)

あなたに褒められたくて (集英社文庫)