カップ焼きそば

 たまに、ものすごくカップ焼きそばが食べたくなります。ソース味がクドく感じられてきたので、最近は塩味が好みです。というわけで、たまにカップ焼きそばをアテにお酒を飲むのですが、このカップ焼きそばを食べたあと、みじめでみじめで泣きたくなってくるのです。なんだか人間的に損なわれたようで、本当に貶められたような気持ちになってしまいます。ところがしばらくすると、またむしょうにカップ焼きそばが食べたくなります。このカップ焼きそばという食べ物が持つ謎の魅力と背徳感は、一体何なのだろうか。スパイラル感が本当に怖い。今日もまたカップ焼きそばが食べたくなったのですが、あのみじめな気持ちになるのが嫌だったので、おからと五目おにぎりをアテにビールとウイスキーを飲んだのだった。