ひどすぎる。

 菊池雄星がまた不正投球を取られた。投球フォームがシーズン開始のころとは違っているとのことだが、足をいったん停止させるようなフォームになったのはもっと以前からだ。なぜそのころから審判は指摘しなかったのか。今になって指摘するのはなぜなのか。さらに言うと、足をいったん停止させるような二段モーションっぽい投手は、菊池雄星以外にもたくさんいる。ロッテの涌井なんか明らかに二段モーションだ。それなのに、なぜ不正投球を取られたのは菊池と日本ハムの井口だけなのか。それに日本ハムの井口なんか、審判の言うことを正当化するために見せしめになったようなものだ。こういう取ってつけたような形式的な処罰が僕は一番嫌いだ。いかにも日本的な感じがする。現場の選手やスタッフは必死でやっているのに、審判や天下りしたコミッショナーがゲームや現場をめちゃくちゃにしている。鈴木葉留彦だって、なぜ意見書を出さないのか。選手やスタッフが可愛そうで仕方がない。こんなむちゃくちゃな道理がまかり通る世界は、スポーツでも何でもない。