Snugsville!

日常の覚え書

大掃除

 部屋の大掃除に取りかかる。大掃除のときの私はいつもと少し違う。普段何となく取っておくようなパンフレットとか書類とか、どんどん捨てる。一つ捨てるごとに気分が高揚してきて、加速度的に捨てる。決然と捨てる。この日だけは、私は何でも捨てられる気がする。しかし、こと本となると話が違う。私の部屋には、本棚に入り切らない程度の本があり、他に収納できるだけのスペースはない。かといって、捨てたり売ったりできるような本も限られる。結局二段重ねにしたり、本の上に本を重ねたりと、試行を重ねて疲労困憊。本の収納はここ数年の課題となっているが、講じられる策がそもそも無いに等しいため、毎年末同じ問題に直面して頭を悩ませる。