福島清展、藤崎孝敏展

 神戸のギャラリー島田で、福島清展、藤崎孝敏展を見る。
 この2人の画家に何があったのか、わたしゃ知らん。ただ、ギャラリー1階の福島清の絵を見たあとで、置いてあった作家に関するファイルを読んでいると、別離した(と思しき)作家への慈しみとか、様々な感情が読み取れた気がしたのである。一方で地下の藤崎孝敏展は、"この絵を見よ"とでもいうかのような、めったにお目にかかれないような凄みのある絵が、重厚な額縁に飾られて、これでもかとばかりに並んでいた。人はくっついたり離れたりして営みを続けているものかもしれないが、今回の展示では、別離した(と思しき)片側からの目線が重なってきて、それがギャラリーとしての一種のメッセージや自己表現になっていると感じた。身につまされるところもあった。